SCHEDULE

*7月21日(日)カフェヴィンヤード@恵那峡

◆小さなチェンバロコンサート

14:30 開演 ¥2000(1ドリンク付き)中学生以下無料

・定員30名(予約はお店まで)

◆オカリナ絵付けワークショップ /13:00~14:00/

¥1000(コンサートに参加する方は500円)

・限定5名、ご予約優先

◇お問い合せ、ご予約はお店まで。

カフェ・ヴィンヤード

恵那市大井町奥戸2709-382(恵那峡遊覧船乗り場手前)

 ☎0573-22-9828

6月8日(土)チェンバロコンサート&紹欽茶会


【コンサート】 開場13:20 開演13:30

【紹欽茶会】 1部 12:00〜12:30/2部12:30〜13:00

料金1000円(コンサート、茶会共通)
定員40名(要予約)

チェンバロコンサートと、子どもお茶教室生と茶会スタッフがもてなす茶会をお楽しみください。石庭も素敵です。

古田 紹欽(ふるた しょうきん、1911年5月22日 - 2001年1月31日)は仏教、禅を思想面から研究した日本の仏教学者(文学博士)で、山県郡伊自良村の出身です。


文化の里 古田紹欽記念館 

山県市洞田127−131 TEL 0581-36-1023 



「民主主義の限界と可能性 社会契約論」と題した、

 音楽会・レクチャー・対談!!

世界的なポピュリズムの台頭、極右政党の躍進の中で、民主主義の存在意義を一緒に考えてみませんか?素敵な音楽とともに。土曜日の午後に・・・。

6月15日(土)14:00〜17:00

青山学院大学アスタジオ 地下多目的ホール(入場無料)

常滑のやまやさんの企画展にちょっとぶりに誘っていただきました。

5月24日から6月9日。

私はTシャツで参加。生成り色にカラーで描いたTシャツや、濃いめのTシャツを一度色抜きして描いたもの、今年新しく濃いめのTシャツに白単色で描いたものなど30点ほど並べていただきます。

他の作家さんも気になります。お近くへお越しの際はぜひ寄ってください!

今年の夏のお気に入りが見つかりますように。

小さなチェンバロコンサート 足利市&太田市行きます!

*5月31日(金)moonshine studio@足利

18:30 開場 19:00 開演 ¥2000(1drink)

◇お問い合せ、ご予約はお店まで。

moonshine studio

足利市伊勢町2-1-21 ☎0284-64-8032(お店は19:00オープン)

*6月1日(土)山崎酒造@太田市

18:30 開場 19:00 開演 大人¥2000・高校生¥1000・中学生以下無料

定員25名様

◇お問い合せ、ご予約はお店まで。

山崎酒造 酒蔵

太田市新田木崎町966 ☎0276−56−1241

小さなチェンバロコンサート北陸ツアー!

*5月17日(土)Coffee Houseさんさんご@金沢

◆小さなチェンバロコンサート

15:00 開演 ¥1500

◆チェンバロ体験会 /14:00~14:30/無料

体験会、及びコンサートにご来場の方は、 お店に一品ご注文お願いいたします。

 (カフェの方で直接ご注文下さい。)

 ◇お問い合せ、ご予約はお店まで。

Coffee House さんさんごご

金沢市木越町ソ1-1 ☎076-238-1377

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*5月18日(日)Tea Garden 森のめぐみ@坂井市

18:30開場/19:00 開演 ¥2000(1ドリンク付き)

◇お問い合せ、ご予約はお店まで。

Tea Garden 森のめぐみ

坂井市坂井町大味32-1-1 ☎0776-72-3185

今年も、飛騨清見絵本美術館ポレポレハウスさんで、絵本原画展をさせていただくことになりました。

 今年の絵本は、昨年「イルフ童画大賞絵本部門」で入選をいただいた「おやまのおさくらまつり」を直したものです。入選した時より良くなってる!はず(笑)。


 このお話は、一昨年保育園の送迎バスの添乗員として「園バス」に乗車するようになったことがきっかけで思いつきました。子どもたちとバスの窓から見た風景。特に春の山里の淡くて色とりどりの美しさに目を奪われました。園バスに次々乗ってくる風変わりな面々、、楽しい絵本になっていると思います。ぜひご覧ください。

常設展示は、田島征三さんの「ヤギのしずか」シルーズです!必見!

飛騨清見絵本美術館 ポレポレハウス

高山市清見町夏厩713-23 TEL:0577-67-3347 開館時間:AM10:00〜PM5:00

入館料(ティーサービス込み)大人(高校生以上)700円・子ども300円・3才以下無料

*臨時休館があるので、お出かけ前にお電話で開館しているかご確認いただくと安心ですよ。

4月21日(日) みつばちや@美濃加茂市

小さなチェンバロコンサート 吟遊詩人の旅 「対話と祈り」

13:30 open 14:00 start

¥2300 (お茶とお菓子付き)ご予約優先 ←ご予約はお店まで

haru さんの新作チェンバロと オカリナで、バ ロック音 楽 や オリジナルソングでの心温ま る音楽会です♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーみつばちや

美濃加茂市本郷町6丁目4-26 ☎090-2683-8610

営業日時 ■水~金 8:00~16:00 ■土曜日 6:30~12:00

388mitubati@gmail.com

https://www.facebook.com/388mitubati/

<同時開催>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本間希代子展〜風変わりなお茶会〜

4月3日から26日まで

詳しくはこちら

https://www.tebako.jp/posts/5844200?categoryIds=880355


4月に美濃加茂市の「みつばちや」さんで、展覧会をします!

小さな隠れ家のようなお店で、素敵な(私的にはムーミンのミムラ姉さん的な)ご店主の美味しいお茶とお菓子をいただけます。モーニングとランチも美味しそうです。

ただいま色々と製作中。楽しんで頂けるよう、頑張りまーす。

4・21にはハルさんのチェンバロコンサートもあります♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本間希代子展 『風変わりなお茶会』

2019 .4. 3(水)~26(金) 日・月・火 定休

みつばちや

美濃加茂市本郷町6丁目4-26 ☎090-2683-8610

営業日時 ■水~金 8:00~16:00 ■土曜日 6:30~12:00388mitubati@gmail.com

https://www.facebook.com/388mitubati/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

21(日) 小さなチェンバロコンサート

吟遊詩人の旅 「対話と祈り」

13:30 open 14:00 start

¥2300 (お茶とお菓子付き)ご予約優先

全国を旅するチェンバロ奏 者、haru さん。

haru さんの新作チェンバロと オカリナで、バ ロック音 楽 や オリジナルソングでの心温ま る音楽会です♪


ハルさんのチェンバロコンサート、今年のテーマは「対話と祈り」です。

3月は、郡上八幡の糸カフェさん。

そして、今年から「音楽大学」も始めます♪

第1回目のテーマは「歌ってなあに?」。さて、どんな話が飛び出すか。ご期待ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*3月23日(土)糸カフェ

ハルさんの音楽大学 17:30〜

(講座のみ参加1000円+1オーダー、講座&コンサート2000円+1オーダー)

コンサート 19:30〜 1500円+1オーダー

郡上市八幡町新町944  ☎0575-67-9082

・ お 問 い 合 せ 、ご 予 約 は お 店 ま で 。

当日は、オカリナやCD、カレンダーやポストカード、一筆箋なども販売します。

ハルさんのチェンバロコンサート、

12月は加子母のイタリア料理イルフィオーレさんです!

*12月16日(日)イタリア料理 イルフィオーレ

15:00 start 料金 2000円

岐阜県中津川市加子母3774 ☎0573-79-3911

・ お 問 い 合 せ 、ご 予 約 は お 店 ま で 。

こちらのお店では、本間の絵を常設展示していただいています。

当日は、オカリナやCD、カレンダーやポストカード、一筆箋なども販売します。

今年最後の展覧会です。

多治見のアルティストビラージュさんで3人展です。織の羽柴美江さん、陶の三尾忍さんに誘っていただきました。以前の展覧会を見ていて下さって今回声をかけていただき、なんだかとっても光栄です。二人の作品とどんな空間ができるのか、楽しみです。


私は、大きめの絵から小さい額絵の他に、2019年のカレンダー、Tシャツやトートバックなど絵を描いた布小物、、、などなどちょこちょこしたものも展示します。でも、久しぶりに怪しい不思議な世界を描いたので、ぜひ絵を見に来てください!よろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月21日(水)〜12月3日(月)

アルティストビラージュ https://www.artiste-village.com 10:00〜17:00

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『冬空のカーニヴァル』 カーニヴァル、カーニヴァル、、、。思えば思うほど、カラフルで楽しくきらびやかなイメージの中に、どこか不思議な影のような部分が私の中で膨らんできました。人なのか、人でないのか。カーニヴァルの最中は人も精霊も混じり合った時間が流れているのかもしれません。