collico

記事一覧(55)

8月3日千々の悲しみ〜中世日本を旅する異邦人の音楽

*8月3日(土)道の駅 加子母 @中津川市◆道の駅ナイトコンサート 千々の悲しみ〜中世日本を旅する異邦人の音楽19:30 開演 ¥2000(1ドリンク付き)中学生以下無料・定員40名(予約はお店まで)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー千々(ちぢ)の悲しみ ー中世日本を旅する異邦人の音楽ースペイン人が キリスト教と音楽を伝えに やってきた。安土桃山時代の日本人は、 上から下まで、きっとびっ くりしたことでしょう。やがて迎える鎖国時代、 彼ら異邦人は、 どこへ流れ、どこへ消えたのでしょう。音楽とともに、思いをめぐらせるコンサートです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「千々の悲しみ」とは、天正遣欧 少年使節が『豊臣秀吉』の前で 演奏した曲です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー新作チェンバロのお披露目もあります! 渡辺敏晴は、自作のチェンバロを全国各地で演奏しています。今まで『イタリアンチェンバロ』『オリジナルのこどもチェンバロ』を製作。今回は、ルネサンス時代の楽器を元に作ったオリジナルの『スピネット』が完成!リュートのような繊細な響の楽器ができました。その音色は、今回のテーマ「中世日本を旅する異邦人の音楽」にぴったり。ぜひ聴きに来てください。 ■出 演■渡辺 敏晴 (チェンバロ/ガンバ) 東京芸術大学音楽学部楽理科、ノルウェー国立音楽大学卒業。 チェンバロやオカリナ制作。中津川市加子母在住。長島麻衣子(声楽/他) 東京音楽大学声楽演奏家コース卒業、同大学院修了。 ドイツ、イタリアなどでオペラや演奏会に出演。渡辺 盛雄(声楽/他) 東京芸術大学声楽科卒業。渡辺音楽院主宰。

第8回加子母木の香る音楽祭!参加者募集

岐阜の山里 加子母での3日間の音楽祭♪ 今年も開催します!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー『音楽を聞く+する、学ぶ、つながる』をコンセプトに、気軽に参加できるコンサート、プロから1レッスンから学べるセミナー、発表会など、音楽漬けの3日間です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 14日(土)19:30〜 ■講師陣によるコンサートどなたでもご参加いただけます。今年は、チェンバロ、ピアノに加え、テノール、ソプラノの歌の共演もあります。(参加費大人500円、中学生以下無料、事前申込不要) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 14日(土)14:00〜16日(月祝)16:00 ■セミナー チェンバロクラス(通奏低音含む)ピアノクラス(講師のアトリエにて。スタンウェイ使用) 声楽クラス(合唱で参加も可) 3日通しコース、1レッスンからコース、聴講コースあります。 本格的に学んでいる方から、初心者の方まで歓迎です! 詳細は下記チラシをご覧ください。応募〆切は9月5日。お問合わせ、お申し込みはinfo@tebako.jpまでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 16日(月祝)14:00〜15:00■セミナー受講生発表会学生、一般の受講生達が、成果を発表します。ぜひ応援しに来てください。(参加費無料、事前申込不要) 

絵本「おやまのおさくらまつり」限定販売

 第9回武井武雄記念日本童画大賞2018絵本部門で入選をいただいた「おやまのおさくらまつり」を、限定50部印刷しました。6月30日まで、飛騨清見絵本美術館ポレポレハウスでも原画展を開催している作品です。 『山里の保育園バス。「まだ帰りたくな〜い!」という子どもたちに先生は「じゃ、終点はおしまいにするわ。次はおやまのおさくらまつりでーす!」。次々にバスに乗ってくるおやまの動物や妖怪。子どもたちはドキドキ。えー、このバス、どこへ行っちゃうのー!?』 この作品は、加子母保育園のお迎えバスに添乗員として乗っている時に、春の加子母の景色が美しくて、子ども達がバスに乗るワクワク感が楽しくて、思いついたお話です。授賞式の時にいただいたアドバイスがとてもしっくりきたので、印刷の際にページを書き足しました。私にとってとてもお気に入りの作品です。娘も、最後にバスが空を飛ぶところで大爆笑?してくれるので嬉しいです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー*1冊1100円*見開きA3サイズ 32ページ フルカラー中綴じ冊子(ハードカバーではありません)*限定50冊ご希望の方は、ご連絡ください。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー内容をちょこっと紹介しますー。チラ見せです(笑)